category迦音(ミシェル)

きらきら。

trackback--  comment0

らぶりん迦音くん。

どこのブログでも書かれていると思いますが、今日は寒かった。
仕事から帰ると、堕落の象徴「こたつ」と部屋に電気ストーブが置いてありました…。まだ10月…。
ついこの間まで暑くて重ね着できん…とか言ってたのに。
でも明日は暖かいらしい。どういう事だ?

製作ぼちぼち進んでます。相変わらず大きいのは一日ひとつが限界ですが。
今のところオープンは11/5を予定しています。ずれ込んで6日。
プレビューは来週頭から出来れば…。

追記↓はタイトル話。
夜布団に入ってから本(漫画)を読む習慣がありまして、昨夜は久しぶりにトーマを読みました。

何度も読み返しているのであらかた斜め読みなのですが、それでも最後は泣いてしまうのでした。

でもって、きらきらした少年の時なんて人生の内でほんの一瞬の出来事なんだな…と。
ウチの住人達がドールで良かった…と思ってまたホロリとしたのでした。

トーマの心臓 (小学館文庫)トーマの心臓 (小学館文庫)
(1995/08)
萩尾 望都

商品詳細を見る


ところで、今年あんだろの新刊は出ないのですか?船戸先生…。